2016/12/14 Shares

はとバスで鎌倉・江ノ島観光に行ってきました

前の記事:女性の一人旅にもおすすめ!東京の駅近・格安ホテル

12月2日(金曜日)は友人につきあってもらい、はとバスで鎌倉・江ノ島観光に行ってきました。

はとバス

はとバス

コース番号C105

   ・・・ ・・・ ・・・  ・・・ 

乗車には11月30日に予約を入れました。はとバスに乗るのは久しぶりなので、バス乗り場がわかるかどうか不安でしたが、東京駅にはわかりやすく表示されていました。

平日だし、そんなに混んでいないのかな~と思っていたのですが、なんと満席でした。

pw_bybjjspmsj7r1481185964_1481186004

久しぶりに見る東京からの富士山。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは建長寺に到着。

建長寺

巨福山建長寺(こふくざんけんちょうじ)

建長寺は建長5年に北条時頼によって建てられた、わが国初の禅寺です。

建長寺総門。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨福山の巨の字には点がついています。これを書いた建長寺第10代の住職によって書かれましたが、筆の勢いが強くてついてしまったもの。しかしこれが百貫の価値があるものとされ、「百貫点」と呼ばれているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

建長寺三門

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梵鐘は国宝となっています。

重要文化財の唐門

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

こちらも重要文化財の法堂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天井には、小泉淳作画伯による龍雲図が描かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうしても気になる古木。高さ13メートル・周囲6、5メートル・樹齢約760年。みごとでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鶴岡八幡宮

1063年源頼朝が京都の石清水八幡宮を、由比ケ浜におまつりしたのがはじまりです。

鶴岡八幡宮

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後1180年に、現在の地に八幡宮をうつしました。

本宮桜門の掲額の「八」の字には、神聖な神の使いとされる鳩が描かれています。

12月に紅葉が見られるとは思いませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成22年の強風により倒れた大イチョウ。樹齢1000年と言われていたそうで、見たかったですね。

鎌倉 御代川

昼食は「御代川」さんで、鎌倉弁当をいただきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼食のあとは、鎌倉の大仏様がある高徳院へ向かいます。

鎌倉大仏殿高徳院

qr5xsfrntnsi97l1481196015_1481196085

鎌倉大仏殿高徳院

国宝銅造阿弥陀如来坐像。建長4年に造立が開始され、当時は大仏殿に安置されていたそうですが、地震などで露座(屋根のないところに座ること)となったそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただわたしにはどうしても、大仏さまが鼻に酸素をしているように見えてしかたがない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

友人に言ってみると「そう見えるのはあなたの職業病です。」ときっぱり言われました。そう見えませんか?

と納得できないまま、お土産には鳩サブレと江ノ電サブレを購入。そう。酸素のことはすぐ忘れます。

長谷寺

長谷寺にある十一面観音菩薩は「長谷観音」の名で親しまれています。

鎌倉長谷寺

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高さ9,18メートルの十一面観菩薩は日本最大級の木彫仏。圧巻ですね。時間がなくて見学できませんでしたが、観音ミュージアムもあるようです。

長谷寺観音ミュージアム

途中にはこんなに可愛らしいお地蔵様が。

 

経蔵(輪蔵)

回転式の書架(輪蔵)の中にはお経が収められており、書架を1回転させることでお経をすべて読んだ功徳が得られると言われるそうです。毎月18日と正月3日、4月8日と8月10日のみ回すことができるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マニ車

こちらはマニ車。マントラが刻まれた筒の中には般若心経がおさめられていて、マニ車を回転させることで、納められた経文を唱えるのと同じ功徳があると言われています。毎日回すことができるので、回してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

眺望散策路では、由比ヶ浜が一望できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

江ノ島

最後は江ノ島観光。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エスカー

参道を通ってエスカー乗り場へ。エスカーを利用して頂上まであがります。エスカーとはエスカレーターのこと。自力で上るとけっこう大変です。時間を有効に使うためにもエスカーはおすすめです。

 

辺津宮(下之宮)

神社での御祈祷は主にここでされているそうです。巾着の形をした珍しい賽銭箱は相模彫りと言われる独特のもの。昭和34年に地元の商店によって奉納されたそうです。おお!制作者は鏡碩吉(かがみけんきち)という道産子でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奉安殿

妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が安置されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やはりゆっくりはしていられないのが、ツアーの定め。上がって降りてくるので精一杯でした。でも眺めは素晴らしかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

江島神社

j0bqnnrbec_3haj1481199412_1481199465

たこせんべい

有名なたこせんべいのお店にはやはり長い行列が。 江ノ島名物あさひ本店

しらすパン・しらすコロッケ

並べないわたしたちは、参道を降りていきます。

それでもしっかりと、バスガイドさんおすすめのしらすパン(250円チーズとしらすが入っていておいしい)とか、

見かけた、しらすコロッケ(290円)とかを食べたりしました。

あっという間の観光でしたが、鎌倉と江ノ島をたっぷり味わいました。それぞれ1日かけてもいいくらいの、見どころ満載の観光地です。一度この観光ツアーに参加して、今後のそれぞれの観光の目安にするのもいいのではないでしょうか。

次の記事:東京国立博物館まで国宝のはにわ「挂甲の武人(けいこうのぶじん)」に会いに行きました