2016/12/14 Shares

六本木森アーツセンターギャラリーで「マリーアントワネット展」を見てきました

前の記事:浅草で大人の女子会「蔵」にて炭火焼懐石を味わう

マリーアントワネット展

帰宅する12月5日は月曜日。美術館などはお休みなので六本木森アーツセンターギャラリーで開催中の、マリーアントワネット展を見てきました。

コインロッカー

当日帰宅のため、宿泊のホテルからは荷物を持って向かいます。でも大丈夫。五反田からJR山手線で恵比寿まで行き、恵比寿から都営地下鉄日比谷線で六本木に向かいますが、森アーツセンターギャラリーへ向かう途中に、大きな荷物を預けられるコインロッカーがあります。ここに荷物を預けてギャラリーへ向かいます。

日比谷線を降りて六本木ヒルズ方面に歩き、このエスカレーターを上がる前の

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このスターバックスの向かい側に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きな荷物を入れられるコインロッカーがあります。ここに荷物を預けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

六本木ヒルズ

六本木ヒルズもクリスマスツリーの飾りつけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここを通って六本木ヒルズ森タワー52階。森アーツセンターギャラリーへ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森アーツセンターギャラリー

朝10時からなのですが、チケット購入時点ですでに並んでいました。10分程度待って購入。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この入り口から入ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オーストリアの大公、マリア・テレジアの十一女として生まれたマリー・アントワネット。14歳のときにフランスの王太子と結婚し、のちにフランス王妃となり処刑されるまでの、彼女に関係する肖像画や身に着けていたもの、使用したものや資料などが展示されています。

プチ・アパルトマン

ここだけは撮影OK。マリーアントワネットが使用した居室を再現しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マリーアントワネットのすべてを展示したとも思える「マリーアントワネット展」。あらためて彼女の壮大さを感じさせられるものでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グッズ

会場も混んでいましたが、こちらのグッズコーナーも大盛況。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノート

ちょっとおしゃれなノートを購入。800円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コラボグッズも多くありました。

スイートリップ

今回はちょっと変わったこちらのスィートリップを購入。あめやえいたろうとのコラボということで、珍しいと思って購入しました。リップというからリップクリームと思っていたのですが、つけてみて「これはリップクリームじゃないでしょう。おいしくてなめてしまうもの。」と思いました。そうしたらやはりスイートリップとは、「有平糖をベースにした(みつあめ)をチューブに入れ、グロスリップのように仕上げたもの」なのでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マリービスケット

マリーつながりでこちらのビスケットともコラボ。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カタログ

カタログも「ファッションリーダー」だったマリー・アントワネットらしくおしゃれ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

激動の時代を生き抜いた女性の一生を提示した迫力ある展示でした。

レストラン 「THE SUN」

マリーアントワネット展を見たあと、ちょうどお昼だったので同じ52階のレストランでランチをいただきました。

THE SUN

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼時なので混んでいましたが、眺めの良い窓際の席に案内してもらえました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パスタランチをオーダー。1200円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

六本木ヒルズアート&デザインフロアで、蜷川実花さんのポップなポストカードを購入しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京旅行を満喫して帰宅しました。

次の記事:東京の友人へのお土産はROYCE’バトンクッキーとカルビー匠海